どうも二度まして。最近部屋で心霊現象がたびたび起こっている1Cグラフィックデザインコースの加瀬です。
いや、寝てると手をさわさわされるだけでそんなに困るものでもないし、
とりあえず「やめい!!」と一喝するとおさまるのでどうという事もないんですよね、これが。


そんなカマチョ(若作りに必死な人間のワードチョイス)な心霊現象よりも大変な事件が最近私に降りかかりました。

過去の皆のブログをご覧下さい。
さぁ、ちゃんと見るんだ。
もうお気付きいただけただろう。

そう、

皆死ぬほど絵が上手い。
皆死ぬほど絵が上手いのだ。

ブログを見てくれた高校生たちが「皆こんなに絵上手いんだ…」と心配になってしまうのも頷けます。
入学してもう何ヶ月も経ってようやく心配になっている私にはその気持ち、よくわかります。(遅い)


ネットで絵が上手い人を見ても
「えっ、この人絵上手…歳近いな…へー……」
と、数値で表すなら24ダメージくらいで済みますが、その人間が身近に居るとなると話は別です。
「えっ、絵うま…は?これ〇組の人なの…えっ、同じ空間に居るのになんだこの差は…?次元がズレてんのか…??」
と、数値で表すならいきなり頭上に9999ダメージとか未知の桁が出るレベルです。
お前はペルソナ使いかよコンチクショー!!!


絵を描く身としてはなかなかのショックなのです。皆さんも似たような経験があるのではないでしょうか?

しかし問題はこのショックに対してどう思うかです。「自分の絵なんて…」と思ってしまったら
安西先生の出現フラグもへし折れ、そこで試合終了です。
詩織ちゃんにもフラれ、今にも女々しい野郎どものテーマが流れ出してしまいます。


私の場合、こう思いました。

1

とっても前向きですね。今にも手から何かしらの波が出そうです。
そう、絵描きに限らず、なんらかの作品を作っている人は誰もがみんなジャンプの主人公なのです。
そして、ジャンプの主人公が「つよくなりてぇ…!」と口に出したならばそれは修行編が始まるという事の現れです。
一日一万回感謝の正拳突きをするかの如く、絵を描いていきましょう。


現在、私自身いろいろと絵を模索しております。
塗り方を替えたり線画ごん太マンからそれなりの太さマン転職してみたり…
別に正解とかはないのでとにかくモノは試しです(使い方を間違えている気がする)


こんな感じのを描いてます。

rtyuio;

…これはまだ普通なんですが、普段描いている絵が良い子のみんなには見せられないような
スリルショックサスペンスバイオレンスなのばっかりなのであまり載せられません。悲しいかな。


超絶不定期更新ながら一応漫画も描いてます。
hm1
これは今イチオシの創作漫画の冒頭部分です。
気になる方はツイッターで検索してくれると血反吐を吐きながら喜びます。
sasanokurehaで検索だ!

また、現在個人的にイラスト本を作成しようと目論んでいます。思い立ったが吉日。
何事もやってみよう精神です。


今回なんかほとんど自分の宣伝ですが、自己顕示欲があるのは元気な証拠ですね。
※個人の感想です。

ここまで絵について炎のようにアツく語っていますが、別にイラストコースとか漫画コースの人間じゃないんですよね私。そんなの関係ねぇ。
<おわり>